寄付金:30,000円
キメの細かさ、優美な光沢、独特の色合いと重量感がおりなす庵治石を職人が一つ一つ丹念に作りあげました。
リボン型の部品は「千切り」や「契」といい、大工さんが丈夫な板をつくるときに使います。これをモチーフに石の飾りを埋め込んだ、ヒノキのカッティングボードです。チーズやパンなどを切って、そのままテーブルでお使い頂けます。
庵治石(あじいし)とは…庵治石の産地「牟礼町」と「庵治町」は、高松市の東部に位置します。山一帯が花崗岩の層からなる八栗五剣山から産出されるのが、銘石「庵治石」です。「花崗岩のダイヤモンド」と呼ばれ、古来より高い評価を得ています。

■サイズ(四角)幅300・奥行き180・高さ25(mm)

■従業員の声
人が最初に使った道具は石でした。石はずっと昔から私たちのすぐ近く、自然の中にあります。自然に生まれた丸みの柔らかさや、ゴツゴツとした岩肌の固さ、ひんやりとした心地よい温度を人は特別意識することもなく手で触れて感じています。人の近くに静かにたたずむ石のプロダクトです。

■注意事項/その他
自然石を使用し、一品一品が手作りの為、掲載画像とお届けする現物とで若干の差がある場合がございます。
※画像はイメージです。

※「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意※
返礼品の発送は、お支払い確認後となります。
お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。